池袋Nirvana Yoga Studioにて シンギングリン と サロット二つの響宴

それはGWに屋久島へ行ったときの出会いでした。
初めてシンギングリンを感じた時、目を閉じてココロ静かに内側にフォーカスすると、リンのヴァイブレーションがずどんと中心に入ってきました。

いつも聞いているシンギングボウルよりも遥かに太い中心の軸がムラダーラチャクラから、サハスラーラチャクラまで抜けていました。
目を閉じていましたが白い光が、頭のてっぺんから抜けて行きました。一度大きなひかりが外側にはなたれると、大きく拡散して行き、再びずどんと入ってくるそんな繰り返しだったのを思い出します。

また、頭で感じると時に感情的になってしまうので、できるだけ味わう事に徹していたのを覚えています。

セッション終了後は中心が安定していたのを覚えています。
外側の刺激(人の声や気)に対してブレずらかったように記憶しています。
練習もグラウディングがしやすく、深く集中できました。

これはあの日のわたしの記憶です。
あなたのシンギングリン体験を是非楽しみにしていて下さいね!

今回はサロッドも加わるという事で嬉しい限り。
宇宙の音リン と 私たち人間の音サロット二つの響宴!

お申し込みは、kaorimakino2011.2012@gmail.comまで。


シンギングリン:叶 さとみ 音魂アーティスト(鹿児島県 屋久島)
豊かな倍音と驚きの余韻。
全ての波長を整えるシンギングリン。
天の雫を想わせる音色の三昧琴を奏で、宇宙から人、人から楽器、その音色が観客へとエネルギーが増幅しながら伝わり、無条件の喜びが世界を包み込む。
2004年oneness ユニバーシティ21日間受講。
屋久島の神々から数々の言霊を授かり2009年に移住。
『人は音、音は光、光は愛』

サロッド:コウサカワタル 弦樂士
自然を愛し、水を愛す
空間を貫く三線
瞑想へと誘う共鳴音の剎羅琴(サロッド)
叙情的な世界から感情を越え
魂を平安へと導く命の旋律
沖縄に腰を据えた深い表現が世界へ響き亙る
公式ホームページ

カテゴリー: news, workshop パーマリンク