profile

profile

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マキノカオリ
 
日本女子体育大学体育学部体育学科卒業
保健体育二種免許を取得するも、「癒し」に意識が向き、整体師・アロマテラピストになる。活動中、自分自身が癒された人間ではないと気づき、たどり着いたのがアシュタンガヨガ。当初は他力ではないところに惹かれたヨガだったが、他者とのエネルギーが通い合う場所に『感謝』を知ることができるのだと、自分自身にも、身近な人にも慈しみの心を大切にしている。
2017年夏、限りある子供との時間をさらに楽しくするため、この夏世界自然遺産に登録されている屋久島へと生活の場を移し、子供や大人が学びあう場を今後も展開する。
 
アシュタンガヨガ
KPJAYI 正式資格指導者level.2
2007年よりインドマイソールのSri.K.Pattabhi Jois Ashtanga Yoga InstituteでSharath Jois師の継続修行を続け、正式資格指導者level.2として認められる。日本各地、海外でも日本人に限らず外国人にもアシュタンガヨガをシェアしている。またヨガスタジオの指導者養成クラスの客員講師として自身の学びや経験をシェアしている。長年練習されている方から初心者、カラダの硬い方まで、相手の意識や呼吸を観、的確にアーサナを指導する才能に優れている。
 
命、そして魂の通い合い
お母さんと子供との関わり方を学び、経験した場所である富士見市恵愛病院でのマタニティヨガ、産後のヨガクラスは11年。
親を通して子どもを見ると、ふたつとない違う性質を見ます、のびのびとした子を育むには、自分の当たり前やこうあるべきを手放すことから。
 
キルタン
アーサナプラクティス(ヨガのポーズ)と共にあったマントラを唱えること。2012年よりバクティヨガ(献身のヨガ)のキルタンに実践に意識を向け出す。呼吸に意識を置くアシュタンガヨガ同様、思考の解放、瞑想ワークとして実践し、クラスやイベントでもシェアしています。
 
魂が望むありのままの姿に輝く
【魂が望むありのままの姿に輝く】をテーマに、ヨガを通して自分自身を知り、個々のいらない葛藤を手放し、何よりそれぞれの価値を大切にするヨガ指導は、ヨガとともに生きてきた、自身の経験の全てである。
 
今では日本中に広まったヨガ、まずは自身の在り方、指導の在り方に責任を持ち、ヨガが健全に人々に拡まることを願います。
 http://kaoriyogasmile.jp
https://www.facebook.com/kaori.makino.7

’17今年もORGANIC LIFE TOKYOに講師として参加させて頂きました。
’17 YOGA LIFE 名古屋 初参加
’17quantum初参加
’17国際ヨガデイYOGA MUDRA参加 6月18日
’17 埼玉県朝霞どろんこ保育園蓮祭りに参加予定 7月9日

関連HP
極真会館 http://www.mas-oyama.com/cgi-bin/mas-oyama/siteup.cgi?category=5&page=0
under the light yoga school http://www.underthelight.jp
恵愛病院 http://www.keiaihospital.or.jp